2010年06月07日

映画「半分の月がのぼる空」が気になってしょうがない

昨日の続きです。

昨日見た映画「半分の月がのぼる空」。
今日もこの作品のことが気になり、ずっと考えてました。
1日たった今でも考えさせられる映画って、ここ最近はなかったなあ。
ラストの「どんでん返し」はそれほどまでに衝撃的でした。

実は昨日の記事を書いた後、寝るときにも映画のラストシーンのことをずっと考えていて、そこで作中の演出の解釈違いに気づき、こっそり記事の内容を書き換えていたりしています。
自分なりの解釈が正しいかどうか確かめるために、2回目を見に行きたいなとも思ったのですが、昨日の記事でも書いたとおり、今回シネマパレでの上映はわずか1週間限定
ああ、もったいない。こういう作品は何週間も公開するべきなのに。平日は仕事で見に行けないよ……。
DVDのリリースを待つしかないかな。
本当、良作に出会えました。




さて、昨日のブログに書いた「高速道路無料化」、6月28日から開始する方向で調整中という記事が。
県北地区は恩恵を受けられるので大変ありがたいです。気軽に秋田市まで出かけられそうです。
posted by nanakura_town at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。