2009年09月01日

秋田県の新型インフルエンザ対策、開業医も「登録医療機関」へ

新型インフルエンザ、流行ってきましたね。
私の勤めている所でも、子供のスポーツ活動の関係先からインフルエンザの疑いが……という話が出てきたりしていて、他人事ではなくなってきた感じです。

そんな中、こんなニュースが。
新型インフル、一般診療所も対応へ 1日から医療体制変更
(秋田魁新報)
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090831n
http://www.sakigake.jp/

新型インフル、「登録機関」で受け入れ
(北羽新報・9月1日の紙面から)
http://www.hokuu.co.jp/

いままでは発熱外来12カ所のみだったのですが、今後は県内354カ所で診療が可能になるとのこと(秋田大学医学部附属病院は除く)。
二ツ井町内では「金田医院」「荒谷医院」の2つで診療可能となります。
秋田県内の新型インフルエンザ登録医療機関
(あきた医療情報ガイド)
http://www.qq.pref.akita.jp/ichiran/flu.html
http://www.qq.pref.akita.jp/index.html


とは言っても、新型インフルエンザの感染が疑われる場合いきなり病院に行くのは絶対ダメで、必ず電話連絡してからというのがルールとなります。ご注意を。
posted by nanakura_town at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 能代市(旧二ツ井町地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。